経営理念・社長挨拶

経営理念/社長挨拶

HOME > 経営理念/社長挨拶


Page Top

経営理念/社長挨拶 会社概要・沿革 本社・拠点

経営理念

 

・1分1秒に責任を持ち、完成度の高い技術力で、国内業界シェアNo.1を目指す
・市場ニーズにあった研究と開発に努め、魅力のある技術・ノウハウをお客様へ提供する
・常に相手の立場になって考え、チームワークの強みを最大限に高める企業風土をつくる
・経営の長期安定的な成長に努め、社員生活の維持向上を実現する
・グローバルで革新的な経営により、各国・各地域の企業との成長と共存共栄をめざす
・各国・各地域の環境課題を踏まえた自主的な改善活動の取り組を、継続的に推進する



社長挨拶

 諦めずに挑戦し続ける力

 

1967年4月生まれ、10歳からサッカーを始め現在も時々プレーしています。プロの三浦知良選手とは、同じ年生まれです。(学年では1つ上の先輩)レベルの差は言うまでもありませんが、彼が現役を引退するまでは、私もプレーを続けていきたいと思っています。

バブル景気が終わった1991年4月に社会人となり自動車部品メーカーに6年間お世話になりました。1997年に父親(現会長)の会社へ入社し、1999年に代表取締役に就任。

入社後は、体力任せにいろいろな事に挑戦してきました。
新事業の立上げ、海外への事業展開、新商品開発(特許出願)、企業M&Aなどに取り組んできましたが、軌道にのせるまではとても大変でした。簡単な部品一つまともに造る事ができず徹夜したことや、海外事業では、騙されて高価な設備を買わされたり、法外なコンサルタント料を支払ったり、袖の下を請求されることもありました。多くの失敗をしましたが、一緒に活動してくれるチームがあったので、諦めずに挑戦し続けることができました。

危ない危ないと言ってリスクを避けていては、人の生きる力を弱め発想力も低下します。これからも、チームと一緒に新しい技術やモノづくりに挑戦し続けることで、世界の産業や生活が良くなるような何かを生み出し、社会に貢献していきたいと思っています。

サイン



社是

 「 知恵と創造力 」